忍者ブログ
<<   2017   11   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
03 November 2016            小野大輔とだいすき  |  声優  |  C:0  |
小野大輔というのは、キャラクターありきで人気を博した声優だと思う。

あの人の魅力は、結局のところ声と顔と本人のキャラクターではないでしょうか。

演技力はもちろん人気に見合ったレベルですが、少なくとも器用に何でも演じられるタイプではない。彼の声と演技に合った役というのが何パターンかあって、その役を振られた時に真価を発揮します。彼が生きる役というのは、彼の中にあるキャラクターです。そしてファンが彼に望むキャラクターです。

ここからは想像ですが、小野大輔という人は、今までに何らかの挫折を経験するたび、自分のその部分を内に内にと封印してきたのではないでしょうか。しかしそれらの部分は自分にとって必ずしも忌むべき部分ではなく、寧ろ本当は肯定したい気持ちが強い。しかし世間に出て行けばそうもいかず、色んなものを否定的に内部へ押し込めてしまう場面が多くなる。

そこで彼が見つけたのが、演じるという道でした。自分でない別の存在になって、隠してきた自分をさらけ出す。そうして評価されるようになり、自分に自信が持てるようになる。するとさらに新たな面もさらけ出せるようになり、役にも反映される。そんな好循環にはまることができた結果が、彼のキャリアではないでしょうか。

小野大輔は気持ちが高まったとき、よく「だいすき」という言葉を口にします。それはきっと彼にとって最も素敵な誉め言葉であり、彼自身が何より言われて嬉しい言葉なのではないでしょうか。そしてそんな彼を、ファンもスタッフたちもだいすきになるのでしょう。さらにそんなみんなを、小野大輔はだいすきになるのです。

ということを念頭において、できれば「だいすき」と「ヒーロー」を聴いてほしい。もっといえば、ライブDVDを見てほしい。

拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts